妊娠線の予防法は?出来てしまったらどうすれば良い?

妊娠線 画像

 

妊娠線は放っておいてもなかなか消えない厄介なものなので
キレイな肌を保つためにはまず妊娠線を作らないことが一番です。

 

では、どうすれば妊娠線を予防することが出来るのでしょうか?

 

また、すでに出来てしまった妊娠線は改善することが
出来るのでしょうか?

 

 

ここでは妊娠線の予防&改善法をご紹介していきます。
妊娠線に不安や悩みを持つ方は是非参考にしてみて下さいね。

 

「出来てからもう結構経ってるから…」と諦めるのは早いですよ!

 

 

妊娠線の予防法

 

肌の保湿

妊娠線 画像

 

妊娠線を予防するにあたって一番大切なことは、保湿です。

 

皮膚の水分量が不足すると、肌の柔軟性や弾力が低下して
お腹が大きくなる勢いに耐え切れずに裂けてしまい易くなります。

 

その為、お腹が大きくなり始める前から保湿ケアをして
お腹が大きくなっても大丈夫な柔らかくしなやかな肌へと
準備しておくことが重要です。

 

 

ただ気を付けたいのは、ボディクリームなどの普通の保湿クリームでは
妊娠線の予防にまでは保湿力が足りていない場合があるという点です。

 

妊娠線は肌の内部の真皮層が裂けることで発生するので、
肌の表面だけを保湿するのでは不十分なんですね。

 

そのため、妊娠線の予防のためには「マタニティクリーム」
「妊娠線治療クリーム」などの、専用ケア商品を選ぶ事をお勧めします。

 

 

バランスの良い食事

妊娠線 画像

 

妊娠中はどうしても体重が増えますが、太ることを気にしすぎるあまりや
酷いつわりによって、栄養不足に陥ってしまう場合もあります。

 

しかし栄養不足は赤ちゃんの発育にもよくない上に、
肌を弱くしてトラブルを起こしやすくなってしまう場合もあります。

 

体重を気にするあまりに脂肪分を減らしすぎると
肌の弾力も低下してしまうため、ミネラルやビタミン、脂肪分、
タンパク質などの栄養素をバランスよく摂るように心がけましょう。

 

 

体重管理

妊娠線 画像

 

前述したように食事をしっかり摂ることは大切ですが、
急激に体重が増えすぎると妊娠線が出来る原因になってしまいます。

 

また、皮下脂肪が付き過ぎていると肌の真皮層も伸びにくくなり
亀裂が入りやすくなってしまうので、もともと肥満気味の人は
更に注意が必要です。

 

 

出来てしまった妊娠線のケア方法

 

外科的手術やレーザー治療

 妊娠線 画像

 

出来てしまった妊娠線を消すには、エステサロンや美容外科、
クリニックなどで治療することが出来ます。

 

皮膚の収縮作用や肌内部のコラーゲンの補修などの効果のある
レーザー治療は妊娠線を薄くすることが出来ますが、
目立たなくすることは出来ても完全には消せない場合も多いものです。

 

 

その他にも傷跡や火傷跡などの治療を手掛ける形成外科では
皮膚切開手術で妊娠線を隠す方法もあります。

 

しかし、治療費が数万〜数十万円と高額で、
広範囲に妊娠線が出来ているなどで治療自体が困難な場合もあります。

 

 

妊娠線治療クリームでのケア

 妊娠線 画像

 

出来てしまった妊娠線のケアには、予防と同様で
皮下組織の補修や丁寧な保湿が効果的だと言われています。

 

妊娠線で傷ついた肌を健康的な状態に導き、皮膚の再生を
促進させることで、妊娠線が痕になって残ってしまった肌を
新しい肌へ生まれ変わらせる事が大切です。

 

妊娠線治療クリームには肌のターンオーバーを促進させる成分が
配合されているものも数多くあるので、妊娠線のケアには
専用のクリームを使用することがお勧めです。