妊娠線の原因とは?出来るメカニズムを知れば予防法も見えてくる!

妊娠線 画像

 

妊娠中の悩みとして多くの女性が不安を抱える妊娠線
心配通りやっぱり出来てしまって、産後も悩み続けている
女性も多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃんを無事に産む方がずっと大切だから妊娠線くらい良いの…
 この線は赤ちゃんを産んだ勲章だと思って…
 出来てしまったら消えないから…

 

と、諦めてはいませんか?

 

 

多くの女性が妊娠線の事を気にしながらも、出来てしまう原因や
予防・改善法までは深くは知らない人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、妊娠線が発生してしまう原因について説明していきます。
原因がハッキリすれば、その対策方法も見えてきますよ!

 

 

妊娠線とは

 

妊娠線が発生する場所

 妊娠線 画像

 

妊娠線といえばお腹に出来るイメージが強いですが、
お腹以外にも妊娠で大きくなってくる胸や太もも、お尻など
脂肪が多い箇所に発生することもあります。

 

 

症状は

妊娠線 画像

 

胎児が大きくなるにつれてお腹もどんどん大きくなりますが、
その影響で肌の内部(真皮層)が引っ張られて裂けてしまう状態
妊娠線として見た目にも分かる傷のように現れます。

 

出来たばかりの新しい妊娠線は赤紫色ですが、
時間が経過するにつれて白っぽい色に変化していきます。

 

一度出来てしまうと中々消えないため、一生残る人も多いです。

 

 

また、妊娠中に皮膚が乾燥してしまうと「妊娠性掻疹」という
症状になってしまう場合もあります。

 

痛みはなくとも、痒くて掻きむしってしまうと悪化して
炎症を起こす事もあるので、保湿を心掛けてあまりひどい場合には
産婦人科で相談するようにしましょう。

 

 

妊娠線が出来る時期

妊娠線 画像

 

妊娠線が発生し始める時期は大体妊娠6か月頃からが多く、
この時期グンとお腹が大きくなってくるに伴って妊娠線も出てくる方が多いようです。

 

ただ、早ければ4か月頃から出始めることもある反面、
臨月に一気に出てしまう人もいるので、妊娠線が出来る時期には
大きく個人差があります。

 

 

妊娠線の原因

 妊娠線 画像

 

妊娠線がすぐ出来てしまう人もいれば、何人産んでも
きれいなお腹のままの人もいる…

 

その違いは一体どこにあるのでしょうか?

 

ここで妊娠線の原因となるポイントを見てみましょう。

 

 

肌の老化や乾燥

老化や乾燥、日焼けによるダメージなどによって、
水分が不足してくると肌に柔軟性や弾力がなくなってきてしまいます。

 

するとお腹が大きくなる勢いに肌が耐えられなくなってしまい、
真皮層で亀裂が入りやすくなります。

 

 

骨盤が小さく小柄な体型

体型的に小柄で骨盤が小さい人は、お腹が大きくなるにつれて
前にせり出しやすく皮膚も大きく引っ張られるので
妊娠線が発生しやすいと言われています。

 

 

肥満体型

小柄とは逆ですが、肥満気味の人は皮下脂肪が多くついているため
皮膚に弾力性がなく裂け易いので注意が必要です。

 

 

栄養不足

つわりなどで思うように食事が摂れずに栄養バランスが崩れると
ビタミンや油分が不足して肌が弱りトラブルを起こし易くなります。

 

 

多胎妊娠

双子など、多胎妊娠をしているとその分お腹が大きくなるので
妊娠線が発生しやすくなります。

 

 

経産婦

前の妊娠で皮膚が伸びているから妊娠線が出来にくいような
イメージもありますが、経産婦は子宮が急激に大きくなりやすいため
皮膚がそれに耐えきれなくなる事があります。

 

 

これらのポイントは必ずしも妊娠線の原因になるとは限らず、
思い当たらない人でも妊娠線が出来てしまう可能性があります。

 

原因がひとつに断定出来ないからこそ、出来てしまって慌てる前に
体重の増えすぎや妊娠線治療クリームでの保湿などで
予防を心がけることが大切です。