妊娠線治療クリームの主な成分と効果とは

妊娠線クリーム 画像

 

「妊娠線ケアには専用のクリームが良い」とは言いますが、
では妊娠線治療クリームと、一般的な保湿クリームには
どんな違いがあるのでしょうか?

 

妊娠線治療クリームは、肌表面だけではなく真皮層まで
しっかりと保湿をする効果が高いという特徴があります。

 

更に、配合されている有効成分によって、細胞の活性化や
ターンオーバーの促進など、出来てしまった妊娠線を
改善する働きも期待できます。

 

 

ここでは、妊娠線治療クリームに配合されている成分と
その効果をご紹介していきます。

 

妊娠線用のクリーム選びに悩んでいる人は、
是非参考にしてみて下さいね。

 

 

妊娠線治療クリームの保湿成分

 

コラーゲン

 妊娠線クリーム 画像

 

肌に弾力と潤いを与える働きのある成分で、
不足するとシワやたるみ、皮膚内部のダメージの原因にもなります。

 

年齢とともに減少していく成分なので、肌の弾力を保つためには
しっかりと補給することが必要です。

 

 

ヒアルロン酸

 妊娠線クリーム 画像

 

細胞と細胞の間に水分を留めて肌にハリや弾力を与える働きを持ちます。
水分を保持して肌にクッション性を与えて、刺激やダメージにも
強い肌作りをサポートします。

 

 

セラミド

 妊娠線クリーム 画像

 

もともと体内に存在するため、低刺激性の成分です。
保湿・保水力に優れており、肌に水分をキープして
蒸発しないようにするため、しっとりとした肌を保つ効果があります。

 

 

シアバター

 妊娠線クリーム 画像

 

古くから保湿に使用されてきた植物から抽出される天然油脂で、
肌をダメージから守って再生を促す働きがあります。

 

 

妊娠線治療クリームの中には、これらの成分を
ただ配合しているだけではなく、効果アップをさせたものや
浸透率を良くする工夫をしたものもあります。

 

「スーパーヒアルロン酸」「ダブルコラーゲン」などが
効果アップの成分なので、是非チェックしてみて下さいね。

 

 

美肌成分

 

妊娠線治療クリームには、皮膚の再生を促したり
細胞を活性化させたりする美肌効果のある成分も配合されています。

 

プラセンタ

 妊娠線クリーム 画像

 

ホルモンバランスの調整や新陳代謝の向上などの働きがあり、
妊娠中に乱れがちな肌の調子を整えるのに有効です。

 

 

葉酸

 妊娠線クリーム 画像

 

妊娠中や授乳中の女性には欠かせない成分で、細胞分裂を促す働きがあるため
肌に塗ることでターンオーバーを促進して健康的な肌へと導きます。
また、サプリメントで摂取すると胎児の成長をサポートする
働きもあります。

 

 

ヒトオリゴペプチド-1

 妊娠線クリーム 画像

 

ノーベル賞受賞の大変希少な成分でしたが、現在は
大量生産が可能になった成分で基礎化粧品などに使われています。
ターンオーバーを促すたんぱく質の一種です。

 

 

ビタミンC誘導体

 妊娠線クリーム 画像

 

ビタミンCはホワイトニング効果で有名ですが、
コラーゲンの補修や生成の働きを持つため傷や火傷の痕の
治療に使われることもあります。

 

 

スクワラン

 妊娠線クリーム 画像

 

粒子が細かく浸透力が高い成分で、肌の奥まで浸み込んで
新陳代謝を向上しふっくらと柔らかく健康的な肌へと導きます。

 

 

アルガンオイル

 妊娠線クリーム 画像

 

美容成分として人気が高く、抗酸化作用に優れているため
アンチエイジングに効果的です。
肌の柔軟性をアップさせるため、シワや妊娠線の改善&予防に有効です。

 

 

その他成分

 

アラントイン:傷の回復を促します。
ダーマクロレラ:妊娠中の冷えを改善し、体を温めます。
ヨモギなどの植物エキス:皮膚のかゆみを抑制します。

 

 

このように、妊娠線治療クリームには様々な有効成分が
配合されています。

 

商品の特徴やこだわりによって、配合されている成分も様々なので、
自分の症状や希望、肌質に合ったクリームを選んでみて下さいね。